This Archive : 2009年08月

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レースを編む花

2009
08/09
*Sun*

17世紀のヨーロッパの女性は美しいレースで襟や袖を飾りました。

また、レースを編むことは、上流階級の女性のたしなみともなっていたようです。

17世紀のヨーロッパ絵画では、豪華なレースやリボンで飾られたドレスを身にまとった

女性の肖像画がよく見られます。

今回は、17世紀に見られるブッファン・スリーブ(大きく膨らませた袖)のような袖をイメージ

して、器にもレースとリボンをあしらい、こんもりとしたアレンジをデザインしました。

 

 

画像 2918

     〔花材〕トルコキキョウ(コサージュ)/デンファレ(シャネルグリーン)/

         ビバーナムティナス/ベルベロン(ライム)/クレマチスの実/カシス

 

 

スポンサーサイト

Copyright © Riekoのつれづれ日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。